ひとりごと。

ほとんどひとりごと、ときどき、好きなもののレポート。

わたしを選んでもらうテスト

f:id:nacco-s2:20170630205003j:image

今週のお題「テスト」

一生忘れないだろうなぁと思うテストが1つだけあります。大学入試の面接。推薦入試で、英語の面接と小論文だけだった。
小学校の頃からずっと、面接も小論文も割と得意だった。面接で試験に落ちたことない。今回は何を聞かれるんだろうと思いつつ、志望理由とか、高校の部活のこととか、ありきたりな答えを一応用意していった。
緊張しながら、面接官の前に座って、
名前を聞かれて、学校を聞かれて、
飛行機で来たの?とか聞かれて、
それから、たった一問。

 

“Why should we choose you?”
多くの受験者が似たような理由をもって入学を希望する中で、あなたを選ぶべき理由とは何でしょう?


負けた、と思った瞬間。確か、国際ボランティアをしていて国際協力に興味があるって言ったら、最近そういう子多いんだよね、って返された。その後は、思いつくこといろいろ喋ったけど覚えてない。
次の日の小論文は、少子高齢化に有効な対策を3つ挙げなさいというベタなやつだった。書き終わって、かなり自信があったから、ママに「受かったよ~!」って電話したら、「良かった~!」ってすぐ自動車学校申し込んでくれた。11月の話。そもそも高3になって授業はほぼ出てなかったけど、試験の後は部活だけ行くようになった。ちょうどこのタイミングで家に子犬が来て、毎日遊んでた。センター試験もまだなのに、落ちてたらどうしてたんだろう。

合格発表は学校で携帯で見た。あの1問は上手く答えれなかったけど、合格でした。

わたしにはここしかない!と思った大学に、選ばれて入れたことと、充実した大学生活を送れたこと、そして無事に卒業できたことは、これからもわたしに自信を持たせてくれると思う。
再来週秋田に行くの楽しみ!!
先生たち会えるかな?