ひとりごと。

ほとんどひとりごと、ときどき、好きなもののレポート。

今日ボーナスもらえるなぁと思って早起きした

f:id:nacco-s2:20170618135605j:plain

ふと目が覚めて、考えごとを始めてしまって、どんどん頭が冴えてきて、考えるのやめられなくなってしまった。朝4時30分。今日に限って仕事に行くの遅くていいから、もう少し寝ててもよかったのに。一度脳が目覚めてしまうと、どうしてもストップがかけられない。「脳が目覚めてしまう」と言うのは変な日本語だけれど。

平日は朝5時半にめざましテレビがつくようにテレビを設定してある。家を8時に出るまでの2時間半、ずっとめざましテレビが流れている。いろんなエンタメコーナーがあるものの、その合間合間で同じニュースを繰り返しているから、だいたいいつも7時を過ぎると、まだその話をしてるのか、って気持ちになる。新聞での予習や、読み合わせも含めて、ニュースに囲まれているアナウンサーにとって、どのニュースもテレビで喋る頃には全く目新しくないのに、毎回リアクションとっているのってすごいな、プロだなぁ、と思う。わたしがニュースに集中するのは、北朝鮮がミサイルを打ってきた時ぐらい。速報があったときは、スタジオにいる気分で、ちょっとドキっとする。

最近なかなか頭が頭がフル回転することもないから、これはこれで気持ちが良い。後で眠たくなっても知らん〜〜

なにを考えていたかというと、

今日ボーナスもらえるなぁってことと、上期の目標全然達成してないなぁってこと。

ご褒美っていいよね。何に使おうかな~~。新入社員ももらえてたらいいな。毎朝会社に行って、知らない人に会って、知らない言葉を聞くだけでも、十分大変だった。

今年1月から営業マンの仕事を始めました。メインのお仕事は、商品を考えて、お客さんに相談して、見積を作って、受注が決まれば、手配して、精算する。メインというほど、まだこの流れに携わってないけども。

営業マンの仕事をかじってみて気がついた当たり前が2つある。1つ目は、見積を出さなければ受注しないということ。先輩たちが言う、なんだかわからないけど忙しい、手が回らなくて困るというのは半分嘘で、それだけお客さんがいて、見積を出してるから受注してて、「自分で蒔いた種」じゃん、と思う。それだけ種を蒔いたから、芽が出て、お世話が大変なのだ。見積を出した数しか受注出来ない。手元の仕事を減らしたかったら、まず見積提出件数を減らせばいい。会社の未来を考えるとそう甘くはないけど、咲いてしまった花の数に対して、どう考えても水をやる手が足りなくて、人を増やす余裕もなければ、みんなが残業を重ねるしかないのだろうか。

もう一つは、私がお仕事で関わる人はみんな営業マンだと言うこと。B to Bというのをわかってなかった気がする。最初は10万円でと言われたサービスが、お客様の予算が厳しいんですって言ったら、6万円になった。 4万円安くなって浮かれていたが、原価というか、よく考えてみれば、6万円すらかかるはずがない。営業は「あなたがわたしを頼って仕事をくれたから、これだけ安くできました」というアピールをして評価を得るゲーム。毎日いろんな営業マンとやりとりをして、みんなこのゲームにハマっているんではないかと思った。そして、みんな違う攻略法を身につけている。

6月末まで出勤日があと8日。上期の目標を達成することだけを考えて、仕事しよう。8日以内に、残り3ステージクリアして、アイテムをあと4つほど手に入れるゲーム。6月末という期限を意識してなかったから、かなり残してしまった。短期集中で頑張ろう。

あ、明日休みだ。