ひとりごと。

ほとんどひとりごと、ときどき、好きなもののレポート。

うつ診断をやってみた

utsucheck.cocooru.com

昨日食事中に話題になって、うつ傾向診断をやってみた。結果5点「問題ありません」。そういえばわたしどこへ行っても、周りの人から、ポジティブだねって褒められる。もちろんトリックあり。気が向いたから、ポジティブを保つためのサイクルをちょっとだけシェアします。憂鬱気分に飽きたときにでも、読んでね。

1.リセットボタンを押す

まず大前提として、弱っているときは何も頑張らない。無理に頑張ろうとして、上手くいかない自分を見て、さらに嫌になって、とにかく悪循環。他人にむやみに弱みを見せない。1人でネガティブモードを満喫する。飽きてきたら、家族や恋人、親友とか、休憩したかったんだねって、わかってくれる人に適当に弱音を吐く。普段わたしの弱音に付き合わされてる人たちは、わたしポジティブって褒められるんだよっていうのを聞いて、ニヤニヤしてるはず☺

弱音にも飽きてきたところで、リセットする。1日中寝たり、温泉行ったり、映画見たり。自分の気持ちのリセット方法を知っておくと楽。わからなければランキングの1位から順に試してみればいいと思うよ☟

ranking.goo.ne.jp

☟リセットしたいときに、気がついたら、いつも聞いてる曲。

youtu.be

2.やりたいことをネタ帳に書き留める

~~ここからは企業秘密☺☺~~

f:id:nacco-s2:20170514202609j:image

☝わたしの今年のネタ帳。気合いを入れて何かに挑戦したいときに、赤い色のものを買うことにしてる。今のところ身の回りで赤いのは、留学前に買ったパスポートケースと今年の手帳だけ。※基本低燃費なので気合いは入ってません☺

中身は、特に誰かに見せるわけでもないのに、とってもカラフル。写真やチケットもたくさん貼ってある。

f:id:nacco-s2:20170514202538j:image

内容としては、日々のスケジュール、TODOリスト、イベント計画、日記、それから「やりたいこと」。やりたいことは、週末に部屋の模様替えする、とか、次の休みにディズニー行く、とかだけじゃなくて、もっとランダムなことも。いつ実現するか決めてないけど、とりあえず書き残しておく。あくまでも、ネタ帳であって、アイデア集。ネタ帳をつける習慣はとってもおすすめ!何もやる気が出ないときやリセットが完了したときに、自分のネタ帳に目を通す。思いつくネタを追記したり、書いてあるネタを形にする計画を立てたり。

去年のネタ帳にメモ書きしてあって、今年になって実現してること、たくさんある。ちなみに、最近書き足したのは、結婚式したい、タイに行きたい、中国語ペラペラになりたい、アメリカに引っ越したい、髪の毛ロングに伸ばしたい、うさぎ飼いたい、とか。

 3.スタイルを選ぶ

「この生活を変えたい!」と思った時に、「毎日〇〇をする」「〇日までに〇〇する」なんて目標は立てない。「とりあえず今月は」という条件付きで、①ひとりの時間のメインの使い方と②お金の使い方だけを選ぶ。もともと3日坊主だし、目標はほぼ達成出来ないから、立てるだけ無駄。生活スタイルの中心になる部分だけ選ぶ。

ちなみに5月は①PC使いこなす②食費は一切ケチらない。暇さえあれば、ブログのデザインとか、エクセルの裏技とか勉強して、実際に使ってみてる。ネットサーフィンの時間も長くなって、ブックマークが一気に増えた。1人でも友達と一緒でも、コンビニスイーツから、おしゃれなレストランまで、食べたいときに食べたいものを食べてる。4月は①お出かけ計画とヨガ②洋服代はケチらない、自炊で食費節約だった。これだけで生活だいぶ違う。

【結論】思いつきでやりたいことをやる自分を好きでいる

「やりたいこと」をたくさん溜めておいて、気が向いたときに実現すればいい。今日は思いつきでブログを書きたかったから、書いた。書き上げた満足感と引き換えに、夜更かししちゃっても、全然いい。まだ荷造りしてないけど、明日からドイツ行ってきます✈